月別アーカイブ: 2013年8月

不妊治療にマカ

結婚して7年、そろそろ子供が欲しいと思っているのですが妊娠の兆候が表れません。主人も私も若くないので、タイムリミットも近いと思っています。不妊治療のために病院に行こうと考えたのですが、費用が高いのでなかなか踏み切れません。主人と話し合って他の方法も併せて考えようと決めました。

インターネットで不妊に良いものを探していると、不妊治療にマカが良いと書いているサイトを見つけました。記事によると、ペルーでは不妊治療にホルモン療法よりマカをすすめる医師もいるそうです。また、マカは自然のものなので科学的な薬より安心感もあります。私は主人と話し合ってマカを試すことを決めました。

マカを飲み始めてしばらくすると、あまり疲れにくくなっていることに気が付きました。体の冷えやストレスも軽くなってきています。具合が良くなってきたので、不妊治療にも積極的に向き合えるようになってきました。3度目の注文をしようとしていた矢先体調が悪くなり、病院に行くと妊娠していることがわかりました。今は赤ちゃんが生まれてきてくれるのを待つ日々を送っています。

還元型コエンザイムQ10

 

還元型コエンザイムQ10と聞くと従来のコエンザイムQ10と一体どういう違いがあるのいまいち分かりにくい印象があります。しかし還元型には通常のコエンザイムQ10にはない特徴があるのです。

コエンザイムQ10はもともと人間の体にも存在する物質ですが加齢などで減少してしまいます。そこでサプリメントでのコエンザイムQ10が販売されたのですが人間の体にあるコエンザイムQ10のほとんどが還元型であるため体内に入る時に酵素の働きによって還元型へと変わりそこから体に対してその役割を果たしたきました。しかし還元型にする酵素には限りがあり年齢とともに不足するので摂取したコエンザイムQ10を十分に生かせない難点がありました。

この難点に対して研究が進み開発されたのが還元型コエンザイムQ10です。還元型コエンザイムQ10は体内の酵素を消耗する事なく摂取出来るの特徴があり、これにより従来のコエンザイムQ10よりも効果的に使う事が可能となったのです。

コエンザイムQ10は元気で健康な体づくりには大切な物質でもあり、その効果をより高めるには還元型コエンザイムQ10の利用はおすすめです。

ブルーベリーは抗酸化作用がある

ブルーベリーは抗酸化作用のあるポリフェノールの1つアントシアニンが目の疲れや血管保護作用、血行促進、抗炎症などの効果に使われています。

特にサプリメントでよく利用されているのは物が見えにくい、目がかすんだりチカチカするなどの症状改善、眼精疲労に対して摂取される事が多いです。アントシアニンには網膜にあるロドプシンという物質を助ける働きがあります。ピントを合わせ視界をクリアに保つために常に分解と再生を続けるロドプシンは目が疲れてくるとその働きが遅れてきます。そのため目がかすんだりチカチカするなどの諸症状が現れるのですが、ブルーベリーのアントシアニンの成分がその働きを助けてくれるのです。

また正常な目の機能保持のためにビタミンAの補給も大切になります。ビタミンAが不足すると暗いところで目が見えにくくなる夜盲症などを引き起こします。世界的にみるとビタミンAの不足は子供が失明する1番の原因になるほど目にとっては大変重要な成分になります。

 

ブルーベリーにもビタミンAは含まれていますが目の健康を大切にしたい人はビタミンAが多く入ったブルーベリーのサプリメントをおすすめです。

ノコギリヤシの成分とは

ノコギリヤシはまだまだ研究すべき内容が多い植物なのですが、現在の効果におけるノコギリヤシの主成分としては植物ステロールやオクタコサノールが挙げられます。

オクタコサノールの成分は単体では血中の酸素の無駄遣いを防止しエネルギー源であるグリコーゲンを効率良く消費する事で持久力や集中力アップ、体力増進や疲労回復に効果があります。またノコギリヤシは植物ステロールの一種であるβシトステロールが含まれています。これはコレステロールと似た成分なのですが、その中身は違いコレステロールの吸収を阻害し動脈硬化予防になったりします。

ノコギリヤシに含まれるβシトステロールやオクタコサノールは男性ホルモンバランスを整える作用があり前立腺肥大症やそれに起因する頻尿や残尿感などの改善、また男性型脱毛の改善に効果があります。これはβシトステロールが悪玉ホルモンとも言われる活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロンを作りだす5αリダクターゼと呼ばれる酵素の過剰分泌を抑制する事で前立腺肥大や男性型脱毛の要因となるジヒドロテストステロンの減少に繋がり上記の症状の改善効果が期待できるのです。

マカに副作用はあるのか

マカは、わたしたちのカラダにさまざまな効果をもたらしてくれますが、その副作用については心配されるところです。サプリメントや健康食品を飲む前には、必ず通らなければならない問題だと思います。

結論から言いますと、マカは、あくまで自然環境の中で生育した自然食品で、薬と違って、副作用はないと考えられます。毎日の食生活のなかで、副作用を考えて食事を摂っている人はいないと覆います。お野菜やお肉、お魚をとるのと同じように、マカも直接カラダの副作用に結びつくことはありません。しかし、食事と同じように、健康状況や普段摂取していない慣れないなどの理由から、カラダに変化を及ぼす可能性はあります。また、体質にあわない可能性もあるので、間接的に腹痛や吐き気など悪影響を及ぼす可能性も否めません。

マカは健康自然食品なので、基本的には副作用はないと考えられますが、摂取しすぎたり、体質的にあわないと感じた場合には、無理に飲むことは控えてください。