サーモシェイプdeepの特徴とは

サーモシェイプdeepは電子レンジのような美容機器であり、近年注目されている施術方法です。一般的なラジオ波を利用した美容機器の場合、肌の表面部分にしか届かず十分に効果を得ることができませんが、サーモシェイプdeepの場合は特殊なラジオ波を使用しているので、しっかりと肌の深部まで届くことができ、効率よく脂肪を溶かし出すことができます。原理は電子レンジと同じであり、ピンポイントでシェイプしたい部分の脂肪を溶かし出し、さらに肌のでこぼこもなくなるため効率よく脂肪燃焼をすることができます。

サーモシェイプは2006年に日本に上陸した機器ですが、その後改良されており現在はdeepタイプを使用するエステサロンが多くなっています。このサーモシェイプdeepは、体の中を温めて脂肪を溶かすので少ない回数でサイズダウンをすることができるほか、冷却装置もついているのでデリケートな顔や首部分にも使用することができます。新陳代謝を促すので、自然と美肌も得ることができ、部分痩せと同時に肌の状態を良くすることが可能です。顔の引き締め効果があるのは、皮膚の下にあるコラーゲン線維を温めることができるからであり、これによって引き締まり活性化することができるためです。そのため単に部分やせだけでなくアンチエイジングも期待でき、様々な年代の人に受け居られる機器となっています。

通常美容機器を用いても10回程度施術を行わなくてはなりませんが、サーモシェイプdeepの場合照射時間は10分程度と短く、さらに1回から2回程度でも効果を感じることができます。そのため時間の制約が少なく比較的自由度が高いため、自分の予定に関与することはありません。安全面においてもサーモシェイプdeepはきちんとコンピューターで管理をされており、しっかりと温度管理がされているので熱いと感じたり痛くなったりすることもなく、安心して施術を受けることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です