コンドロイチンとは

コンドロイチンは、医学的にはコンドロイチン硫酸と呼ばれ、軟骨や人の結合部分を形成する多糖類の一種と考えられています。

コンドロイチンはカラダのクッションの役割を果たしており、間接やじん帯、膝などの弾力や衝撃の吸収を和らげる効果があります。また、吸水性が高く、細胞の組織それぞれで働くコンドロイチンは、栄養の補給を円滑にし、新陳代謝を向上し、肌の老化を防止するとも考えられています。

コンドロイチンはサメの軟骨に多く含まれており、サプリメントなどでもサメの軟骨から抽出されていることが多いです。口からの摂取で、体内へ吸収させることが出来ます。

コンドロイチンはヒアルロン酸とともに配合されていることも多いですが、コンドロイチンとヒアルロン酸は関連性が高く、一緒に摂取することで相乗効果が生まれ、みずみずしい細胞を維持し、肌の潤いの維持やアンチエイジングこうかなどにも期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>